表参道でスマホのガラスコーティングをするなら、元東急ハンズ渋谷店で施工していたあいりぺがオススメ!

サービス

2020年12月10日(木)をもちまして、約1年8ヶ月に及ぶ東急ハンズ渋谷店内での修理・ガラスコーティングは終了させていただき、2020年12月15日(火)から表参道へ移転してまいりましたので、よろしくお願いいたします。

移転先:〒107-0061 東京都港区北青山3丁目(予約時に詳細な住所のご案内があります)
営業時間:11時~20時 ※完全予約制
予約URL:https://blog.irepairs-lab.com/booking-omotesando/

あいりぺ表参道オフィス店では、スマホやタブレットに塗って保護する「ガラスコーティング」やiPhoneやiPad、Nintendo Switch、ドローンの修理も行っております

何かご不明な点があれば、LINEへ気軽にご質問ください。

【結論】なぜ表参道なら「あいりぺ」をお勧めするのか

それは…一ヶ月に一回程度安くする期間があるという単純な理由ですが、他にも私たちがお客様に使用しているガラスコーティング剤は、必ず第三者機関(産業技術研究センター)にて成分分析をかけて、本当に効果のあるガラスコーティング剤であると証明してもらった上で使用しております。

じゃあ、次はいつ安くなるの?

2021年1月4日(月)〜1月15日(金)まで、各コーティングメニュー500円引き実施
※他の割引との併用不可

通常料金はこちらから
WEB予約はこちらから

以前東急ハンズ渋谷店(移転前)でコーティングされた方で「重ね塗りしたい」方や、この機会に試したい方は是非お越しください。お待ちしております。

しかし、安くなる期間があるとはいえ…

正直、ガラスコーティングって胡散臭くないですか?

その気持ちは十分理解できます。私たちもガラスコーティングのサービスを開始する前は、皆様と同じ想いで最初は偽物を使わされ騙された経緯もあり、必ず成分分析をかけるようになりました。

ガラスコーティングは従来の保護フィルムと違って塗るタイプですので、機種を選びません。空気中の水分と化学反応を起こして「1000分の3ミリというガラス皮膜を形成」、ナノ粒子でガラス表面の凹凸に入り込み、表面が滑らかになるので強度も上がり、汚れも付着しずらく拭き取りやすくなりますよ

コーティング業者曰く

ね、やっぱり胡散臭いですよね笑

効果が目に見えにくいし、1000分の3ミリなんて到底見えない…(触ってもわからない…)
だけど、テレビで取り上げられたり、ドコモショップで「ハルトコーティング」という名称でやっていたり、東急ハンズ、ロフトで「EGCガラスコーティング」などもやっていてちょっと気になっている自分がいるのは確か。

試してみたい…でも巷ではスマホの画面のみで4,000円〜5,000円するガラスコーティング…。ちょっと試しずらい金額ですよね。なので、あいりぺでは、お試しいただくために、定期的に安くする期間を設けてたりします。

本当に画面が割れなくなるの?

割れないわけではありません。割れにくく、傷つきにくくなります
一応メリットとデメリットを纏めときますと。

ガラスコーティングのメリットとデメリット

メリットとデメリットを比べて、どちらが重要なのかが判断の決め手となると思います。

<メリット>

  • 画面や背面が強化され、傷つきにくく、割れずらくなる
  • 指紋や汚れが付きづらくなる(付いてもサッと取れる)
  • タッチの感度に影響がない
  • 1度コーティングすると5年以上持続する
  • 見た目が変わらない
  • 紫外線を防止してくれるので革製品が色あせずらい
  • 撥水するので革製品の水滲みなどを防いでくれる
  • 摩耗に強いので、革製品が長持ちする
  • 電磁波99%カット
  • 光沢感がUPするので、アクセサリーや時計にも最適
  • ウイルス・大腸菌などを抗菌80%

<デメリット>

  • 1000分の3ミリという薄いガラス皮膜なので「目に見えない(胡散臭い)」
  • 傷ついた後、ガラスコーティングをしても傷は隠せない
  • 分子結合によるコーティングなので「取れない」
  • 割れない、傷つかないわけではない
  • 流石に油分は付いてしまう(油膜をしっかりと除去すれば元通り)
  • 9Hという最高硬度になるには(完全硬化に)5日間かかるので、その間注意が必要

「胡散臭さ」は、データで証明するしかない?!

現在、あいりぺが使用している「ガラスコーティング剤」は、日本最大級の研究機関である産業技術研究センターが保有している「超促進耐候性試験機」(メタリングウェザーメーターM6T)を使用し、「紫外線」「温度」「湿度」「降雨」などの屋内外の条件を人工的に再現し劣化を促進させ、いち早く製品・素材の寿命を予測することを目的とした試験(1年後の劣化した姿を1週間で再現可能)にて、5年以上の耐候性を計測しているガラスコーティング剤なので安心してください。成分分析もかけております。(実験データも全てお見せできますので、ご来店の際にスタッフに伝えてください)その他、テーバー摩耗試験腐食促進試験、他社製品との比較実験データもあり。

また、私たちは実験データによるエビデンスだけではなく、様々なコーティング剤を比較し、試して、スタッフ自らが体感し、自信持って納得していただけるものを常に使用しております。

ガラスコーティングはスマホだけじゃない!

「ガラスコーティング=スマホ」とうい印象が強いですが、私たちが最もおすすめするのは革製品(靴、バック、バックの取手部分、財布、名刺入れなど)やアクセサリー(指輪、ネックレス、ピアスなど)、時計(スマートウォッチ含む)です!(ナノ粒子によるコーティングなので素材を選ぶことなく、柔らかい素材にもコーティング可能であるのが特徴です)

では、なぜスマホよりおすすめするのかというと…

  • 撥水性が高いので、雨の日でも水を弾き、汚れがすぐ取れる
  • 紫外線を最大80%カットしてくれるので色あせない
  • 摩耗に強いので、今の状態が長持ち
  • ガラスコーティングしても革の風合いに変化なし
  • アクセサリーの黒ずみ防止、傷防止、光沢感UP
  • 時計の傷防止、光沢感UP

という理由だからです。製品が長持ちすれば愛着も湧きますし、地球に優しいですよね。

コーティングは、物持ちを良くし持続可能な経済の循環に役に立ちます!(SDGs)

金額的には、革の二つ折り財布で4,980円、長財布で6,980円となりますが、その他はコーティング剤の使用する量によって金額が異なりますので、一度、お見積もりにお持ち込みください。

※既にお使いの革製品は、専門業者によるメンテナンスしてからお持ち込みください
※革製品は、新品の状態でガラスコーティングすることをおすすめします

料金はこちらから
WEB予約はこちらから

「修理」でも「ガラスコーティング」でも、ご来店をお待ちしております。